音楽生活 in アメリカ ------- If my piano bench was a toilet, I probably wouldn't leave.
<   2010年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧
ヨーロッパ旅行~Day 7
いよいよ観光最終日。
ミュンヘン市内を見て回りました。

街中を歩いていると、またこの標識。パリでも似たものを見ましたが、どういう意味なんでしょうねぇ。
c0023783_557534.jpg


まずは、レジデンツへ行きました。
c0023783_557134.jpg


ここが見たかったんです。
観光客が全然居なかったので、いい写真が撮れました。
c0023783_5572378.jpg


レジデンツを観光した後、ちょっと早めの昼ごはん。
ミュンヘン初日に怒鳴られた、ホフブロイハウスに再チャレンジ。ドイツのパブはこれで3回目なので、ちょっと慣れてきました。
c0023783_5573122.jpg


夫の頼んだウィンナー。
c0023783_557478.jpg


そして、私の頼んだ白ウィンナー。午前中しか注文できないメニューです。
ミュンヘンに来たら、これを絶対食べようと決めていました。
味は、美味しかったです。またこれを食べに、ミュンヘンに行くぞ!
※ホフブロイハウスは、ラスベガスにもお店があるそうです。
c0023783_5575474.jpg


お腹が満たされたので、マリエンプラッツからS-Bahnに乗ってLaimという駅へ。改札が無い上に、誰もパスをチェックしに来なかったので、夫が不思議がっていました。
c0023783_558384.jpg


行く先はニンフェンブルク城。
c0023783_5581116.jpg


ベルサイユとよく似ていました。
c0023783_5582259.jpg


窓からの庭園の眺め。
c0023783_5583125.jpg


時間がなくなってきたので、マリエンプラッツに戻りました。
ずっと夢に見ていたクロイツカムで、バームクーヘンを食べるためです。
c0023783_5584374.jpg


お店は、バームクーヘンだらけ。
バームクーヘンファンの私は、胸が躍りました。
c0023783_5585442.jpg


こちらのセットメニューを注文。
c0023783_559339.jpg


本場で食べる、初めてのバームクーヘン。
こうやって、薄くスライスして食べるんですね。
味は・・・普通に美味しかったです。思ったより、パサパサしていました。
個人的には、帯広銘菓・柳月のバームクーヘンのほうが、しっとりしていて美味しいと思います(しかも安い!)。
でも、本場のバームクーヘンを食べられて大満足。またミュンヘンに行ったら、立ち寄ると思います。
c0023783_5591017.jpg


それから夫のお買い物にしばらく付き合いました。買い物になんて興味のない夫が、ミュンヘンでどうしても買いたいものがあったんです。その話は、また次回。

翌朝、フランクフルト空港からアメリカに戻るため、ショッピングが終わったら、すぐにミュンヘン中央駅へ向かいました。ここから、ICEに乗ってフランクフルトへ向かいます。
その前に、お腹が空いたら困るから・・・と、カフェ・リシャルトで、パンやケーキを買いました。ここで、もっていたユーロを綺麗に使い切りました。

↓店の写真を撮り忘れたので、パンの袋の写真。
c0023783_5591883.jpg


私の選んだケーキ。
日本人の感覚だと、ちょっと甘すぎ。
でも、アメリカのスイーツと比べると、上品でした。
c0023783_5592667.jpg


夜遅く、フランクフルト空港に到着。
ここからシャトルバスに乗ってホテルへ向かい、爆睡。
c0023783_5593462.jpg

[PR]
by pianiste | 2010-08-26 15:54 | Travel
ヨーロッパ旅行~Day 6
六日目は、ジャーマンレイルパスを使って、オーストリアのザルツブルクへ行きました。
夫が時刻表を見間違えたので、予定より遅れてザルツブルク駅に到着。行きたいところが盛りだくさんなので、駆け足で観光しました。
c0023783_111722.jpg


まずは、ミラベル公園へ。
映画「サウンドオブミュージック」のロケ地として有名です。
c0023783_113040.jpg


薔薇のトンネル
c0023783_113934.jpg


ここも映画で使われていました。
c0023783_115294.jpg


いつかここにきたら、こんな写真を撮りたいと思っていました。
はい、アホ夫婦です。
c0023783_12649.jpg


ぶらぶら歩いて街を散策しながら、モーツアルトの生家へ。
ザルツブルク駅で購入した「ザルツブルクカード」を使って、中を見学しました。
c0023783_122166.jpg


ショッピング街をぶらぶら。
c0023783_112431.jpg


マクドナルドの看板も、こーんなに可愛い。
アメリカとは大違い!
c0023783_124350.jpg


小腹がすいたので、ザルツブルク名物?のボスナに挑戦。
c0023783_125713.jpg


ソーセージにカレー粉をまぶしたものが、パンに挟んであります。
普通に美味しかった。
c0023783_13913.jpg


まだ食い足りないので、デザートで有名なカフェ・デメルへ。
c0023783_134292.jpg


ここにて、ザルツブルクに行ったら絶対に食べよう!と思っていたケーキの名前をド忘れしてしまいました・・・。メニューを見ても、思い出せません。幸い、ウエイターが英語が話せたので、「ザルツブルクで一番有名な、あのケーキを食べたいんですが。」とお願いすると、「あーあれね!OK!」と。

そして出てきたのがこれ↓
アナ・ケーキとかいう代物でした。
でも、これじゃないんだ・・・・私が食べたかったのは。(涙)
夫に慰められながら、落胆して食べました。美味しかったけど。
物忘れが激しくなってきたので、大事なことはメモしておかないと駄目ですねぇ。
c0023783_13515.jpg


さらに街をぶらぶら。
気分は、サウンドオブミュージックです。
c0023783_135954.jpg
c0023783_14941.jpg


次に足を運んだのは、ザルツブルク祝祭劇場。
一日に数回、中を見るガイドツアーを開催しているので、時間を調べて参加しました。
c0023783_141853.jpg


サウンドオブミュージックの最後に出てくるステージ。
岩壁のアーチだよ。すごーい!
c0023783_14293.jpg


新しいほうの劇場も見せてもらいました。
こんなところに入れるなんて幸せ~
c0023783_143969.jpg


ステージ裏を見に行く隙に、ちゃっかり撮りました。デヘヘ。
c0023783_144844.jpg
祝祭劇場のツアーは、個人的にはかなりオススメです。ガイドツアーのお兄さんは、ドイツ語の後に英語で説明してくれるので、ドイツ語ができなくても大丈夫。


お次は、上に見えるホーエンザルツブルク城です。
ケーブルカーで上って、中を見学しました。
c0023783_145929.jpg


お城の中からの街の眺め
c0023783_15877.jpg


お城の上からの街の眺め。
c0023783_15187.jpg


お城の中の一角に、操り人形館があったので、入って見ました。
夫とトラップ家のコラボが実現。
c0023783_152974.jpg


ザンペクト・ペーター修道院の墓地にも行きました。こちらも映画のロケが行われた場所ですね。
c0023783_154186.jpg


モーツアルト像
しっかり拝みました。
c0023783_154999.jpg


こちらはモーツアルト橋
c0023783_155881.jpg


モーツアルトの住居
c0023783_16623.jpg


さらに街をぶらぶらしていると、思いがけず、私が食べたかったあのケーキの名前に出くわしました。
ザッハートルテ。これです、食べたかったのは。
c0023783_161658.jpg


自分用のお土産に、一つ購入しました。あーよかった!
c0023783_162793.jpg


ザルツブルクで一番古いパン屋さん。こちらで、サンドイッチ購入。
c0023783_163674.jpg


あっという間に時は過ぎて、ミュンヘンへ戻る列車に乗る時間となりました。
c0023783_164564.jpg


見逃したところがたくさんあるので、必ずまた遊びに行くつもりです。
明日はヨーロッパ旅行最後の日。ミュンヘンの観光です。
[PR]
by pianiste | 2010-08-21 10:00
ヨーロッパ旅行~Day 5
早朝、ミュンヘンから電車に乗って、フュッセンという街へ。
目的は、お城見物。
ツアーに入ると、ミュンヘン駅からバスで現地まで連れて行ってくれるので楽なんですが、自由に行動したいので自力で行くことにしました。

こちらがミュンヘンから乗った電車。
c0023783_233149.jpg


今回もジャーマンレイルパスを使って、一等車に乗りました。ガラガラだったので、5人用のコンパートメントを2人で使用。
c0023783_233233.jpg


おトイレです。使用後に足元のレバーを踏むと、水が流れて、底のフタ?がパカッと開くんですが、そうすると汚物が線路に落とされるという、原始的な仕組みでした・・・。昔の列車はみんなそうだったたと知って、ビックリ。
c0023783_2333248.jpg


Buchloeで、別の電車に乗り換えます。
c0023783_2334144.jpg


やっとフュッセンに到着。あいにくの雨模様です。
ここからバスに乗って、お城のチケット売り場まで行きました。
c0023783_233498.jpg


チケット売り場。ノイシュヴァンシュタイン城とホーエンシュヴァンガウ城の二つに入るためのチケットを購入。
c0023783_2335984.jpg


チケット売り場から、お城まで坂道を登ります。足腰に自身の無い人は、馬車で。私達夫婦は肉体派なので、もちろん歩きました。
c0023783_2341126.jpg


ホーエンシュヴァンガウ城
中は、勝手に見ることはできず、必ずツアーに入らなくてはなりません。
写真撮影は禁止です。残念!
c0023783_2342241.jpg


ホーエンシュヴァンガウ城を見学した後、ノイシュヴァンシュタイン城の見学スタートまで時間があったので、マリエン橋まで行きました。ここから見えるノイシュヴァンシュタイン城が、物凄く素敵だそうです。
c0023783_2343052.jpg



マリエン橋からの素敵な眺め・・・・・
c0023783_2343732.jpg
シンデレラ城のモデルとなった、ノイシュヴァンシュタイン城を一望できる絶好のスポットなのですが、酷い霧で、お城の影も形も見えませんでした。ここには、必ずもう一度戻ってくると夫婦で約束しました。


ついにノイシュヴァンシュタイン城の見学。
こちらも、中での写真撮影は禁止です。
c0023783_234466.jpg


次回来るときは、晴れますように!
c0023783_2361574.jpg


ミュンヘンに戻ったら、すでに夕食時間。ということで、パブめぐり第二弾。
ホテルの近くにあるレーベンブロイに行きました。
c0023783_2362450.jpg


レーベンブロイのビール
c0023783_2363261.jpg


夫の注文した肉料理。ちょっとドライでイマイチ。
c0023783_2364130.jpg


私の注文したウィンナー。美味しかったけど、量多すぎ。
c0023783_2364969.jpg


明日は、モーツアルトの故郷、オーストリアのザルツブルグへ行きます。
[PR]
by pianiste | 2010-08-15 12:30 | Travel
ヨーロッパ旅行~Day 4
その前に・・・パリで見た謎の標識↓
c0023783_11355931.jpg
『親子で手をつないで歩いたらダメ!』ということでしょうか?


4日目は、パリからミュンヘンまで列車で移動です。
ホテルから、パリの東駅まで徒歩で移動
c0023783_1136956.jpg


この列車↓に乗りました。
c0023783_113620100.jpg


二等車に乗りましたが、日本のグリーン車よりも立派でした。

4時間後、ドイツのマンハイムに到着。
ここで、ミュンヘン行きに乗り換えます。
c0023783_11404429.jpg


乗換えまで一時間半あったので、マンハイム駅周辺をぶらぶらした後、カフェで昼食をとることに。英語が通じず、夫の片言のドイツ語で何とか注文。サンドイッチにみかんが入っていました。意外と美味しかった◎
c0023783_1137197.jpg


マンハイムからは、ジャーマンレイルパスのツインで、一等車に乗りました。飛行機のビジネスクラス並みかな?
c0023783_11371147.jpg


やっとこミュンヘンに到着。乗ったのはドイツ自慢のICEです。静かで速かった。
c0023783_11371999.jpg


ミュンヘンでは、中央駅近くのKing's Hotel First Classに三泊。こちらは四つ星ホテルです。
c0023783_11374163.jpg


これがお部屋↓ヨーロッパっぽくて可愛い♪
c0023783_11375156.jpg


清掃が非常に行き届いていて、ものすごーく綺麗でした。さすがドイツ。
c0023783_11375990.jpg


夕飯を求めて、ホテルからマリエンプラッツまで歩くことに。
町並みに趣があって、ウキウキ(← 死語?)
c0023783_1138996.jpg


あの有名な新市庁舎です。
c0023783_11382097.jpg


ミュンヘンでは、パブ巡りをすると決めていたのですが、最初に訪れたホフブロイハウスで、入り口のおじさんに“Do you speak English?”と夫が話しかけると、ドイツ語で怒鳴られたので、あきらめてヴァイセスブロウハウスというパブへ行ってみました。
c0023783_11383153.jpg
アメリカでは、ウエイターやウエイトレスが席まで案内してくれますが、ドイツでは自分で席を見つけて座るのが一般的みたいですね。英語のできるドイツ人ウエイトレスが教えてくれました。


フランスで惨敗したので、ドイツでは英語メニューを出してもらいました。ホッ。
c0023783_11384114.jpg


手前の食事が肉料理(夫)、奥が私の頼んだウィンナーです。美味しかった◎
c0023783_1139258.jpg


お水を頼むと、スパークリングウォーターが出てくるんですね~。確かパリでもそうでした。私はスパークリングウォーターが大好きなので、旅行中、飲みまくりました。
c0023783_11391257.jpg


ちょうどこの時期、ミュンヘンでは何かのお祭りが開催されていたので、街は人々でごった返していました。
c0023783_11392136.jpg


明日は、ミュンヘンから列車に乗って、シンデレラ城のモデルとなったお城を見に行きます~。
[PR]
by pianiste | 2010-08-13 21:35
ヨーロッパ旅行~Day 3
旅行三日目は、パリ観光最後の日です。午後からは生憎の雨模様でしたが、悪天候にも負けずにあちこち飛び回りました。

まず足を運んだのは、サクレ・クール寺院。
長い階段を登ります。
c0023783_3145832.jpg


階段を登った先からの眺め。霧模様で、あまり良く見えず。残念。
c0023783_3151268.jpg
ここでは、黒人が観光客を捕まえては、ミサンガを強引に売りつけている姿を多く目にしました。英語でフレンドリーに話しかけてきて、会話しながら腕にミサンガを編んでいき、最後にミサンガの代金を請求してきます。日本人カップルも捕まっていました。皆さん、気をつけましょう~


お次は、サント・シャペルへ
c0023783_3152247.jpg


ステンドグラスが素晴らしかったです。
c0023783_3153870.jpg


ノートルダム寺院も行きました。
c0023783_3154932.jpg


こちらも、ステンドグラスがきれいだった☆
c0023783_316044.jpg


時間も無いので、次はオルセー美術館へ。走るように中を見物したのち、
c0023783_3161341.jpg


昼食は、インターネットで調べていったお店「Bread & Roses」でとることにしました。
c0023783_3162215.jpg

フランス語のメニューと格闘したのち、夫は、「店の名前がついているメニューは失敗が少ない」と言い、「Bread & Roses」とかいうものを、私は鮭の料理を注文しました。


暫く待つと、注文した料理が出てきました。
それがこちら。


  ↓↓↓ 私の注文したもの ↓↓↓
c0023783_3163779.jpg
鮭は鮭でも、卵がでてくるとは思わなかったので、かなりギョッとしました。イクラのてんこ盛り・・・・。美味しかったけど、パンじゃなくて、白米が欲しかった。


  ↓↓↓ 夫の注文したもの ↓↓↓
c0023783_3164925.jpg
ピンク色の謎の物体てんこ盛り。味はすごく魚くさくて、私たちの口には合いませんでした・・・。

これに、カプチーノを頼んで、合計は確か55ユーロぐらいで、さらにギョっとしました。高すぎ!!!
このレストランでも、夫婦そろってかなり笑いました。


お次は、ナポレオンの眠る建物へ。
この棺の中に、ナポレホンが入っているそうです。
c0023783_317195.jpg


その後、小腹がすいたので、シャンゼリゼ通りにある「LADUREE」に行きました。
c0023783_3171148.jpg


さすが人気店だけあって、ちょっと並びました。たくさんあって、目移りします。
c0023783_3172239.jpg


ホテルに戻って、ラデュレで購入したマカロンを試食。真ん中にある、薔薇のマカロンは、すごく化粧品くさくて、私は一口食べてギブアップ。その他は美味しく頂きました。
c0023783_3173777.jpg


マカロンの他に、夫の選んだベリー系のケーキと、私が血迷って選んだモンブラン。
c0023783_3174757.jpg


パリ最後の夜。
夫が突然、「エッフェル塔に登ろう!」と言い出したので、エッフェル塔へ
c0023783_3175869.jpg

c0023783_318873.jpg


パリの夜景は、とてもきれいでした。ライトアップされた凱旋門が見えて、田舎者夫婦は大感激。

明日はホテルをチェックアウトして、ドイツ行きの列車に乗ります。
[PR]
by pianiste | 2010-08-12 13:12 | Travel
ヨーロッパ旅行~Day 2
ヨーロッパ2日目も、パリ観光です。

朝ごはんは、ホテルのプランに朝食がついていたので、そこでとりました。
c0023783_4303933.jpg


写真には写っていませんが、フランスパンもしっかり完食。
c0023783_4304834.jpg


出発の前に、(夫が)やりたかったこと。↓
c0023783_4305918.jpg


ズームイン↓
c0023783_431869.jpg
ホテルの窓から、「お~い!」って手を振りたかったそうです・・・。


二日目の観光第一弾は、 ペール・ラシェーズ墓地。
c0023783_4312826.jpg


もちろん、目的は、尊敬すべきショパンのお墓参りです。
c0023783_431396.jpg


エディット・ピアフのお墓もありました。
c0023783_4315260.jpg
とても広い墓地なので、歩き回ること数時間。マリア・カラス、ビゼー、ロッシーニ等の音楽家のお墓参りをしました。


観光第二弾は、ルーブル美術館
c0023783_432532.jpg
物凄く広い!全部見て回るには、一日かかります。

時間に限りがあるので、ベタではありますが、このお方↓に会いに行きました。
c0023783_432146.jpg
夫婦+モナリザ殿のスリーショットも撮りました。

外では、日本人らしきカップルが、結婚式の写真撮影をしていました。
素敵☆
c0023783_432247.jpg


お次は・・・日本の会社員時代に大変お世話になった先輩(マカロンさん)と、約10年ぶりに会うという、大イベント。マカロンさんは、フランス人のご主人と結婚されて、ランスにお住まいです。

マカロンさんにお会いするのは10年ぶり、ご主人にお会いするのは初めてだったので、緊張していたのですが・・・マカロンさんは全くお変わりなく、ご主人はフレンドリーで、とってもチャーミングで、英語もお上手で、カフェでの会話も弾みました。英語と日本語とフランス語が飛び交う、妙なお茶会でしたが、とても楽しかったです。
※写真はマカロンさんのブログからお借りしました↓
c0023783_4323489.jpg


マカロンさんご夫婦にご馳走になった上、お土産まで頂いてしまいました。マドレーヌとキャンディー。美味しかったです。
c0023783_433156.jpg



マカロンさん夫婦と別れた後、次に足を運んだのは、凱旋門。



・・・・・あれ?・・・・・


c0023783_4324521.jpg
マカロンさんから、「近代的な凱旋門が出来たのよー」という話をちょうど聞いた直後に、間違えてそこに到着するとは思っていませんでした・・・。なんというお馬鹿さんぶり。まぁ、ニュー凱旋門を見られたから、良しとしよう・・・。


気を取り直して、本物の凱旋門へ。
c0023783_4325572.jpg


なが~~い階段を上ると、凱旋門の上に到着します。素敵な眺めでした。
c0023783_43356.jpg
パリ2日目は、これにて終了。
[PR]
by pianiste | 2010-08-11 14:21 | Travel
ヨーロッパ旅行~Day 1
もう3ヶ月前になりますが、貯まったマイルを使ってヨーロッパに行ってきました。一日目の様子を載せてみます~

デルタ航空にて、パリまで飛びました。
到着地のパリにて、飛行機の写真↓をパチリ。すると、空港の職員に「写真撮ったらダメ!」と怒られました。どうしてだろう?
c0023783_929397.jpg

空港で、ミュージアムパスと乗り物のパスを購入し、RERにてホテルのある東駅へ。RERは危険という話をよく耳にするけど、それほど危険という感じはしませんでした。だからといって、安全という感じもしなかったけど。
シカゴとかニューヨークの地下鉄と同じ感じかなぁ。


今回泊まったホテルは、Hotel Taylor Paris。小さい通りに面したホテルなので、静かで良かったです。
三ツ星で、この広さ、この値段か~(by 夫)。
まぁ、パリだから仕方ないね。
c0023783_9295233.jpg


パリには朝到着したので、ホテルに荷物を預けて、まずは腹ごしらえ。
ホテルの近くにあったパン屋さんに入ってみることにしました。ここで私は、数ヶ月勉強したフランス語を披露!のはずが、出てきたのは片言で、あとは全部ジェスチャー。でも、対応してくれた店員さんは、すごくフレンドリーで優しかった。
c0023783_930879.jpg


購入したパンを、早速地下鉄のベンチに座って食べました。美味しかった。
あれ、これってマナー違反なのかなぁ?

初日はちょっぴり遠出して、ベルサイユへ。駅に着いたら、ベルサイユを目指す人の波ができていたので、迷わずに到着できました。
c0023783_9303042.jpg


ベルサイユに着いた記念にパチリ。
c0023783_9304129.jpg


チケット売り場には、大行列ができていました。ミュージアムパス、買っておいて良かった♪ 列に並ぶことなく、パスを見せて即座に中へ。
c0023783_930509.jpg


有名な“鏡の間”(だっけ?) どこも人だらけで、ちょっとげんなり。
c0023783_931078.jpg


ベルサイユといえば、やっぱり美しい庭園。これが見たかった!
c0023783_931124.jpg


一日、ベルサイユで過ごし、RERでホテルへ戻る道中。
こういう風景を見ると、あぁヨーロッパに来たんだ♪と感じます。
c0023783_9312222.jpg


RER車内。ジャンキーな感じは否めないですね。
c0023783_9313138.jpg


ホテルに戻り、小休憩。お部屋はこんな感じです。小さいけど、可愛い。
c0023783_9314174.jpg


お茶のセットに加え、シャンペーンのサービス。
c0023783_9315038.jpg


お風呂。アメニティーは、モラビトでした。
c0023783_9315979.jpg


窓からの景色。縦列駐車がスゴイ!
c0023783_932954.jpg


一息ついてから、近所を散策。
近所に、こんなもの↓があったんですが、これを見て夫が、
c0023783_9334372.jpg
あ!凱旋門だ!!!!!!!(←本気)

田舎者は、これだから困ります。


さらに歩くと、こんなレストランを見つけました。
c0023783_9335578.jpg
このお店の名前になっている、“SARRASIN”は、“そば粉”という意味です。フランスには、そば粉を使った料理が結構あるので、蕎麦アレルギーの私は注意しなくてはいけません。昔は食べられたんだけど、歳をとるごとに、アレルギー反応が強く出るようになってしまいました。


お腹もすいてきたので、地下街にあるカフェで夕食をとることにしました。
片言のフランス語と英語で注文した結果、出てきたものを見て、爆笑。
コーヒーのSサイズ。↓ 
c0023783_934469.jpg
フランスでは、Sサイズを注文すると、“エスプレッソ”ということらしい。アメリカサイズのSサイズのコーヒーが出てくるものとばかり思っていたので、これを見たとたんに、「なんじゃこりゃぁーーー!」と、夫婦揃って笑いが止まりませんでした。

サンドイッチのほかに、デザートを注文したのですが、チーズケーキだと思って頼んだこれ↓は、クリームブリュレみたいな感じだったり
c0023783_9342361.jpg


こちら↓は、一つ注文したはずなのに、二個も入っていたり
c0023783_9343235.jpg
言葉が出来ないって不便だなぁ、もっと勉強しておけばよかったなぁ、と反省。まぁ、海外旅行では、こうやって苦労するのが結構楽しかったりするんだけれど。そんなこんなで、一日目は終了。
[PR]
by pianiste | 2010-08-09 19:26 | Travel